2015年05月03日

■sorry that I said selfish.

電話が終わった後
いつもしぼんだ顔をしてるわたしを
君は知っているだろうか

涙をぐっとこらえて
眠りたくても眠れなくて
いっそ電話しなければ
声なんて聞かなければって
そんなことさえ思ってしまう

どうせまた電話しちゃうのに
どうせまた虚しくなっちゃうのに
なんでかな

いつも自分からは
電話を切ることができなくて
終わりはいつも君から

電話を切るための言葉が
すごく冷たく感じてしまうのは
キミが冷たいからじゃないのに
嫌われてるわけでも
話がつまらなくなったわけでも
きっとないのだけれど
わたしの話がたいくつだったんじゃないかって
そう思って落ち込んでることも
君は知るはずがないのに
知ってほしいなんて思ってないのに
気づいてほしいとは思ってしまう

どうしようもなくわがままなわたしを
どうかいつまでもかまっていてね
posted by nobu at 04:09|