2017年02月13日

タロットをおぼえたい初心者の方

わりと本気でタロットをおぼえたい、占いたい人のために。

占いの知識以外にも、小説や色々なジャンルの本を読んだり映画をみたり。
想像力や表現力、ボキャブラリーが豊富であることが必要です。
例えばワインのソムリエは、味についてとても豊な表現をします。
1枚のカードを一言二言でしか表現できないようでは、なかなか上達は難しいと思います。

タロットカードは、全カード絵柄のあるものを使いましょう。
有名所で、いわゆるライダー・ウエイトと呼ばれるものをおすすめします。
・The Rider Tarot Deck
・Universal Waite Tarot Deck
がよいかと。
参考書の付録や絵柄が好きだから、などで選ぶのは正直おすすめしません。
観賞用であり、初心者の勉強には不向きかと。

勉強するための本について。
・タロット教科書 第1巻
辺りでしょうか。
なるべく実際に内容を確認して買うのが良いかと。
気に入った本をまずは1冊じっくり読むこと。
複数本を買うのはやめた方がいいです。

カードの解釈について。
とりあえず本に書いてあることをおぼえる。
そして、一枚一枚のカードの絵柄を隅々まで観察しましょう。
本に書いてある解釈が全てではないですし、正しいというわけでもないです。
自分の中でイメージした意味が正解です。

占うにあたって。
カードは痛みやすいので、テーブルにクロスを敷いて行うのが良いと思います。
多少滑りが悪くても、やわらかい素材の方が好きです。

スプレッド。
何種類もあります。
有名なのはスリーカード、ケルト十字やヘキサグラムでしょうか。
枚数が多いスプレッドは難しい、というイメージかもしれませんが。
個人的には、少ない枚数で占う方が難しいと思っています。
恋愛について占うことが多いと思いますので、セブンテーリングやラバーズブリッジあたりで。

占いの練習。
誰かに練習相手になってもらうのも手ではありますが。
練習は一人でもできます。
既に結果の出ている出来事について、カードを並べて占ってみて下さい。
そして、実際の結果通りの解釈へ無理やり解釈を持っていきましょう。
ストーリーを当てはめます。
過去にこうして出会って、最近はこういう状態で、こういう原因で喧嘩になって、こういう原因で別れた。
このカードじゃそんな解釈はできないとか、カードと結果が合わないとかあるかもしれません。
はじめのうちはそんなものです。
それでも無理やりつじつまを合わせて練習しましょう。
話題は何でも結構です。
友達の恋愛でも、親の馴れ初めでも、芸能人の破局話でも。
ネタには事欠かないでしょう。

・その後の展開
上達してくると、事実と占いの間に違和感がなくなってくると思います。
そうなったら楽しくなってくると思います。
ただし、占いを仕事にするつもりがないのであれば、あくまでもお遊びにとどめましょう。
また、本気の悩み相談を占うのもやめておいた方がいいです。
結果について、責任を求められることもあるからです。
余興的なものとして、楽しい範囲で占いをしてください。
posted by nobu at 00:58| 占い

2017年02月10日

■But I somehow knew that.

模範解答をして優等生をして
人の涙を拭って人の傷を背負ってなお
世界から愛されなかった君をぼくは否定する
春には目に見える速度で落ちる花びらと
秋には命と同じに見える葉が土にかえる
そんな君が愛した世界もぼくは否定する

自分以外を信じられなくなった人間はきっと
無宗教か教祖にでもなれる強さがあって
自分以外を理解した人間はきっと
人のために傷つき人のために死ねない弱さがあって

一人でいることに慣れすぎたこの頃は
寂しさや孤独に寄り添いたくて
誰かの成功や幸せから目をそむけていた

信号で青が続くと不安になって赤で止まると安心する
不幸に愛された自分が落ち着いていられる
信号で赤が続くと不機嫌になって青で喜べるような
真っ当な人間は君を見ているようで胸が痛むのだ
posted by nobu at 01:25|

2017年02月07日

■Ordinary differential equation.

暖を取って思い出の熱でのぼせた顔

今別の人と手を繋いで歩いていることや
同じものを注文して食べたり
読んだ本を教えたりすすめたり
嫌な上司の話をしたりとかは
君と見たかった景色の再現でしかなくて
相手は誰でも同じなんだきっと

毎日飲む薬代も安くはなくなってきたあたりから
返ってこない返事を待つことに疲れたあたりから
生きてきた時間より残りの時間の方が長いことに気付いたあたりから
これから先の方がきっと辛いんだろうなって理解できた


こたつの熱で少しうとうとしながら
ずっと手のひらで猫をさすっていた

勉強の熱で追い詰められた頭の中では
二階微分方程式を3時間くらいかけてだらだら解きはじめている

朦朧とした意識なんてのはたいてい
おもしろい夢を見た時のように
気に留めるほどでもなくすぐに忘れてしまう

忘れないようにって思ってても
大事なことから忘れてしまう悲しさは
思い出も英単語も同じくらいだろうと
君に会うまではそう思っていた気がする

顔も知らない声も聞けないどこに住んでいるかさえも知らず
もしかしたら何度かすれ違ったり同じお店が好きだったり
もしかしたら近所に住んでいて朝のごみ捨てで挨拶くらいしている
そんな人に言えない恥ずかしい馬鹿みたいな妄想までして
毎日指の数くらいはメールをして
もう一人でいることが当たり前に出来なくなってしまった自分が
あの時は特別なんだと思っていた

君以外に好かれて擦れて薄れていく恋心と
君以外を好きになれず妥協していく愛で
昔は泣けなかった流行りの歌でも泣けてしまう
特別じゃない人間に憧れてしまっている
posted by nobu at 02:42|

2017年02月04日

■That taught me to endure.

いつなくなってしまうかわからない大事なもの


現実的な話で君を遠ざけて
例え話の中で君に近づいて
平気だよって笑って嘘を口にして
寂しいよって笑って本音を口にする


いつ壊れてしまうかわからない関係


他の誰かでも満たしてくれるんじゃないかって
そう思って見境のなくなった心は
誰にでも気を許す屑だった


いつ壊れてしまうかわからないわたし


他の何かが満たしてくれると
そう信じて見境のなくなった体は
誰にでも体を許す屑だった


いつ離れてもおかしくない君


君の隣を歩いても手を触れられない
君に抱きしめてほしいのに言えない


他の誰にでもそれを許してきたわたしなのに
他の誰にでもそれを許したわたしだからこそ
気がおかしくなりそうなくらい君にしたいそれを我慢した
posted by nobu at 01:37|