2017年07月21日

■I chickened out because I was afraid you might refuse

今日もひとつ
苦労することをやめた

これはわたしにとって
今一番辛いことで
今までで一番かもしれないし
これから先でも
これ以上ない痛みかもしれない

だけど
それに耐えろと
振り返るなと
逃げるなと
根性がないと
きっと周囲は言うだろう

君だけは味方でいてくれて
どんな状況からも助けてくれて
どんなわたしも受け止めてくれる

そうやって君へ
他愛のない挨拶の後
少し遠回しにして
共感を得るための言葉を
必死に探してる

言葉が途切れそうになると
何となくそれを
君は理解したように
限りなく普通の笑顔に
わずかな苦笑を浮かべて

わたしの言いたいことを
限りなく自然に言わせてくれた

逃げ出しても
それは仕方がないと
そう言ってもらうための
逃げるための理由と
逃げた後の言い訳を
君からたくさん
貰っていたんだ

そんな優しさに
いつしか罪も薄れたわたしも
今度はいつ会えるのか
聞くことには変に臆病で
自分からは聞けなくて


逃げることは必要だと
そう書かれた文章を
本屋で必死に探してた

3冊買ったその本は
自己満足の置物だったけれど
君が400キロくらい遠くに去った後
涙で曇った瞳を拭って
何度も何度も読み返した

他の誰からも言い訳をもらえないことを
いつかとはわからない再会まで
しばらくは思い出したくなかったから
posted by nobu at 23:36|