2017年07月28日

■I know you're only kidding.

今目の前にいる人

好きな人
たぶん好きな人
今だけは好きな人
今だけは好きでいたい人

ただ寂しい時に傍にいて
けどそれ以上の理由を
わたしは語れない

これ以上の言葉は全部
好きって気持ちを疑わないための
作り話になってしまう

その作り話の原案が
あの人との思い出だってことも
全部気付いてしまう


必死に理由を探すことにも疲れ
取り繕う言葉も枯れてきたから
そろそろ違う人を好きになろう

誰でもいいってわけじゃないけれど
きっと人から駄目だと言われる
そんな人を選んでいる


本当に好きになった人には
手をのばすこともできず
好きになってはもらえず
口先だけの
きれいやかわいいって表現に
わかっていても舞い上がって
何度もその人を困らせる

そんな本気で困った顔
わたしだって傷つくんだよ


自分が傷ついた分よりもきっと
多くの人を傷つけている
そんな自覚はある

別に好みでも好きでもない
そんな人の方がわたしには
寄りかかってくるのに


叶わないとわかっている
そんな恋をしてる自分と
叶わないとわかっている
そんな恋をさせる自分を
哀れを哀れで満たす自分を
いつまでも愛せないでいる

嫌いな人へ好きと
どれくらい嘘を付いただろうか

好きな人へ嫌いと
どれくらい嘘をついただろうか

もうどれくらい
君には嘘しか言ってないだろう

本当に好きなのは
君だけなんだと
告白して振られた時
今のは冗談だよって
嘘で本音を隠した

もしも将来年老いても
お互いにひとりだったら
一緒に暮らそうか?

いいねそれって
冗談を込めた君の答え

その嘘が本音であってと
例え話が終わるまでずっと
生まれてきてはじめて
神さまってやつに祈っていた

本音で本音を隠した
とてもずるい質問に
救いなんてないというのに
posted by nobu at 16:06|