2018年10月19日

■See you on the other side.

好きすぎる人への言葉遊び

きっともう
好きにはならないけれど
そう言って建前上綺麗に別れた後
疲労と少しの安堵でごった返す駅の人々の中へ消えてしまうまで
その中のたった一人だけを何度も何度も目で追い続けた

一目惚れや外見を好きだったのならきっと
来世で会っても好きと言えるかもしれない
そんな出会だったら
もっと楽だったのかな?

君を好きと自覚するまでに費やした会話と時間は
もう一度繰り返したいほど幸せで
もう一度繰り返せないほど幸せで
もう二度と繰り返したくないほど幸せすぎた

例えばそれは
ミルクを入れなきゃ飲めなかった苦手な珈琲を
ミルクなしじゃなきゃ甘ったるくて飲めなくなるくらいの年月
ぼくが君を好きになるまでにかかるだろう
君がぼくを好きになるまでにかかるだろう


苦い大人の珈琲は得意でも
苦い大人の恋愛は苦手という言い訳を
ただそれだけを
最後まで
愛してると言えなかった言い訳を
難しく遠回しに考え直すことが
難しい大人の言葉遊びをしたつもりになって
大人になりきれなかった後悔を
大人になったつもりで少しだけ紛らわした
posted by nobu at 21:50|